2006年12月31日

メイド喫茶

今年最後の更新がメイド喫茶というのもいかがなものかと思うんだけど。

一昨日、大学院の先輩が行きたいというので
メイド喫茶に付き合う事になった。

ちなみに自分は、秋葉原は殆ど行かない。
最寄り駅の市川駅が総武線なので良く秋葉原は通るんだけど、降りることは
皆無。
大概の家電品はヨドバシで買えるし、
秋葉原という街に行く日々が理想のCity-boyの暮らしから離れている
気がして。

先輩と待ち合わせてメイド喫茶へ。
ちなみに行った喫茶店は同期お勧めのコチラ
値段は、ランチセット(パスタ+サラダ+ソフトドリンク)が1000円と
まぁまぁリーズナブル。メイドは、見てて痛々しいという感じではない。
ちなみにメイドのサービスは、お手拭のビニールを取って渡してくれる。
ミルクを入れてくれるだった。
それ以外は、メイドがいる事や色々なグッツがおかれている以外は
普通(?)喫茶店だった。

その後その店を出て、大学院の後輩と助教授と合流してメイド喫茶の梯子しようという
話になったのだが、最初に行ったお店が1時間待ち、その次の
お店も1時間待ち。そんなに需要があるんだ。(待合室があるんだよ←その場所も喫茶にすれば良いのに。まぁ待合室でぐっつとか買わせる気だと思うけど)

結局ミスドにしました。

何か思うんだけど、秋葉原って色々な物があるし本当安く買える。
えぇ、こんな物があるんだという発見する喜びと安いなぁという喜び(ヨドバシの約半額でメモリー買えたよ。)
自分的には秋葉原≒ドンキホーテのコンセプト

その帰り・途中に、どうせならば可愛い(?)女の子がいる喫茶店に
行こう。値段も普通の喫茶店とそこまで変わらないし。
って秋葉原を愛する気持ち、メイド喫茶に寄る人のまぁわからなくは無いなぁ。
posted by NOZA at 09:33| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | city-boy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。