2009年04月18日

ペルーに行って来ました3(最終章)

ペルーの綺麗だなと思った写真を載せます。

クスコ
街自体が世界遺産になっているクスコの写真です。
正直家一つ一つは、清潔な感じはしなんだけど、何故か遠くから見ると素敵な風景になるんだよね。
・クスコの街並み
cusco3.JPG
・街の中心の教会です。(ライトアップして綺麗)
cusco1.JPG
・クスコの道
cusco2.JPG

ただ、標高は、3600メートルもあるので、少し歩くと息切れが。
高山病に注意して、「水を沢山飲む」、「お腹いっぱいにしない」、「お風呂に夜入らない」等気を使いましたふらふら

○クスコ〜ブーノに行く途中の道
こんな日本では見られない山々の風景が、ふとスイス(アルプス山脈)とか
こんな感じなのかなと思っていました。
・山々
mountan1.JPG

・雰囲気の良い道
→何故かノスタルジアを感じてしまう
road1.JPG

・遺跡
→昔人々は、どんな生活をして暮らしていたんだろう?考えながら遺跡(特に街並み)を見みるのが大好きです。
iseki.JPG
mountain2.JPG

プーノ
チチカカ湖のあるプーノ。標高3850メートル(富士山よりも高い)もある街です。

そのチチカカ湖にあるウロス島の写真です
トトラという草(?)を積み重ねた浮き島です。
家もトトラを使って作っています。
・浮き島1
Titicaca1.JPG
・浮き島2
Titicaca2.JPG
家の中にも入れたんですけど、家の人にやたらみやげ物を薦められました(笑)
最早住民は、観光収入で暮らしている印象を受けました。
・標高4300m
→ブーノに行く途中の標高4300mの場所です。
high.JPG
正直今回の旅行は、かなり移動×移動+高山病の危険で、正直疲れました。
今までの旅行で一番しんどかったです。ふらふら

自分は、海外旅行に行く度に、日本って良い国だなと思ってしまう人です。
今回も改めて日本の良さを実感した旅行でした。

まず、清潔さ。やはり日本と比べると清潔度は、低いなと感じました、
正直クスコも中心部は綺麗だったけどそれ以外は。(汗)(トイレットペーパーがトイレに流せないのも嫌でしたもうやだ〜(悲しい顔)
次に標高。ペルーの主要な観光場所(クスコ、マチピュチュ、プーノ)は、殆ど標高が高いので高山病に気をつけて下さい(首都リマは、標高0mです)。
ちなみに自分は、セーフでした。3,4日目と比較的標高の低い(2200m位)マチピュチュ村に泊まってから体を慣らしたのが良かったと思われます。
自分は、富士山に登ったときに頭が痛くなったので高山に強い体質で無いと思っています。
もしペルーに行く際には、こちらのコースをお勧めします。

ただ、食事が合わない&帰りには、ブーノ→リマ→ヒューストン→成田で約24時間飛行機に乗って大変でしたけど、「マチュピチュの歴史保護区」は、本当に感動しました。

正にラピュタに居るような気分になれました。
あの景色一生忘れないでしょうわーい(嬉しい顔)
何気にマチュピチュは、標高2200mと高山病に掛かるほどの高さでは無いので、ペルーにはマチュピチュだけでも観に行く価値があるのではと思います。手(チョキ)
posted by NOZA at 11:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117700644
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。