2009年05月19日

結婚についてなるほどと思った記事

何気に結婚式の後とか考えてしまうタイプです。
まぁ、色々原因はあるんだけど、あぁ皆人生のステップを着実に
積み上げているのに、それに引き換え自分って。ふらふら
「結婚とか自分はするのかな??」
とか色々このままで良いのかなと考えてしまうんだよね。

そんな結婚とかに悩んでいる自分が読んでなるほどと思った記事がありました。
男が結婚を決意する、最大の理由

自分がモテルとか全然無いんだけどもうやだ〜(悲しい顔)ココら辺は納得したな。。

///////////////////////////////////////////////////////////////
 「男が結婚を決意する理由は、ただひとつ、支えとパワーが欲しいから。仕事に没頭するための環境を整えて、活力を与えてほしい。だから、それを与えてくれる女こそが、結婚したい女なんだと思う」
 男が結婚を決意するには、やっぱり、それ相応の覚悟がいるらしい。たとえ、彼女が働いていたとしても、「一生、家族を養っていける」かどうかの力がなければ、心の準備が整わなければ、結婚できないのだという。
 でも、それくらいの覚悟をもって挑む結婚だからこそ、相手は仕事をがんばるためのパワーを与えてくれる、自分の人生の絶対的かつ心強い味方であってほしいのだと思う。
/////////////////////////////////////////////////////////////

やっぱりお金を稼ぐ=仕事はしないわけにいかないしね。
仕事をある程度中心になって考えてしまうのは仕方ない気がします。
勿論仕事が全ての中心じゃないけど。。
とりあえず、もう少し力が欲しいな(本音)。
posted by NOZA at 23:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロリーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

帰りたくなったよ

いきものがかりの「帰りたくなったよ」が大好きです。



京都出張で辛い時に、しょっちゅう聴いていました。
歌詞一語、一語が心に沁みます。

何気に、3月の下旬頃、いきものがかりのコンサートに同期と一緒に行ってきて、生で「帰りたくなったよ」を聞いた際、早く帰りたいなとしみじみ思っていました。
「帰りたくなったよ 君が待つ街へ」
自分にとって「街へ」は、絶対「東京」の事を指していると思います。
「君が」がは、誰だ??と考えながら。ふと一緒に行った同期を見て「違う、違う」と思って、「いやぁ、間違えなく彼らが居るのも帰りたい理由の一つ」だと思って。自分にとって
「帰りたくなったよ 君達が待つ街へ」と考えたりしました。

東京っていう街は、何が好きって「仲の良い友達が沢山居る」に尽きるかなと思います。

今後、何処に行くか?分からないけど、自分にとって「帰る街」は、変わらず「東京」「東村山」「御茶ノ水」なんだと思います。

ochakawa.jpg

何か、ゴールデンウィーク中に仲の良い友達に沢山会える^^
遊んでくれる×馬鹿をやれる友達が居る。今そこで幸せ感じていますわーい(嬉しい顔)
posted by NOZA at 20:12| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | city-boy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ROOKIESについて

もうすぐ映画版「ROOKIES」が公開されるという事で。。

何気にドラマ版も見ていたんだけど、ジャンプに連載されているころから好きでした。
最初マガジンでGTOが流行ったのでジャンプでも教師もんを始めたと思ったいたのですが。。

漫画の後半の方は、少し冗長かなと思ったりもしましたが、
前半の方は、泣けてしまう場面が多々あります手(チョキ)
やはり、最初の方が作者が書きたいと思って始めるだけあって、エピソードやストリーが練られている気がします。

特に2巻((ジャンプ・コミックス))までの新庄が心を開いていくまでのシーンは
感動です。

時間の無い人は、是非1,2巻でも良いので見て欲しいです。
特に教師になる人は、是非見て欲しいです。
教師だけでなく人間関係って自分から「人を好きになる事」「人を信じること」「人に優しくすること」で始まるんだなと改めて気づきます。
何か、心が「やさぐれぱんだ」の時には、読んで元気をもらっています。(笑)わーい(嬉しい顔)

こちらもお勧め
posted by NOZA at 09:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | プロリーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。